ある日のぴぃぷらすの様子です。

 

 

 

 

 

 

 

この日は2時間の療育時間の中で、45分程度を小学校での生活をイメージした場面設定の中で行いました。

子供たちはそれぞれ周囲の状況を受け入れながら、集中して個別や集団での課題に取り組むことができました。

このあとは、楽しくからだを動かすプログラムや選択遊びで思いっきり楽しみます!

動と静の切替もぴぃぷらすでのルーティンです。